スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年09月08日

PASGT ヘルメット


米軍放出品のPASGTヘルメットを入手しました。


アメリカ軍でM1ヘルメットの後継として採用され、フリッツヘルメットとしてお馴染みですね。
現在アメリカ軍では退役しACHにその役目を譲りましたが、アメリカの支援する第三諸国等に支援品として供与され、現在でも使用されています。
ただし、現在第三諸国に供与されているPASGTヘルメットは米軍採用品と異なり、ODカラーにシェルが塗装されているようです。

ウクライナもユーロマイダン以後アメリカの支援品として供与されたPASGTヘルメットを、主に国家親衛隊が使用しています。


"Fearless Guardian-2015"合同演習にて。
PASGTヘルメットと、同じく供与されたインターセプターボディアーマーを着用している。

ウクライナでも使用されているPASGTヘルメットですが、僕が入手した目的はまた違う軍隊をやるためでして...



このヘルメットはウクライナの隣国、グルジア(ジョージア)軍をやるために購入しました!!
実はウクライナ装備を集めながら詳しい方に教えを請いつつ少しずつ集めていました。
現在はとりあえず南オセチア紛争と同年代のイラク派遣部隊の装備を目指しています。
現用のマルチカム装備もカッコイイですが、装備が全然出回ってないので難しいだろうなぁ...


イラク派遣装備は、それなりに形になってきました。  
Posted by カエル at 12:38Comments(0)Ukraine

2015年09月07日

ウクライナ国家親衛隊 Wz.2005ヘルメット


ウクライナ国家親衛隊で使用されている、Wz.2005ヘルメットを入手しました。
このヘルメットはウクライナのものではなく、隣国ポーランドにて使用されているものです。
ユーロマイダン以後、ウクライナはこのヘルメットを一定数ポーランドから購入し、国家親衛隊に配備しています。


インナーはドイツ軍のM826ヘルメットのようなデザインをしており、非常に被りやすいです。
このヘルメットには前期型と後期型があり、チンストラップが4点留めのこのタイプはどうやら後期型のようです。



使用例、国家親衛隊での使用例は自国生産のKaska-1mヘルメットの配備で普段はあまり見かけませんが、独立記念日でのパレードでは、Wz.2005ヘルメットで統一して行進を行っていました。
アゾフ連隊でも最近はKaska-1mの配備が進んでいますが、まだまだWz.2005はたくさん使われています。  
Posted by カエル at 19:14Comments(0)Ukraine

2015年09月01日

イギリス製MTP ジャケット、コンバットシャツ



イギリス軍のMTPジャケット、コンバットシャツを入手しました。
ウクライナではこれらの放出品が比較的簡単に手に入るのか、全軍で使われています。



使用例、上二枚がアゾフ連隊、SVDを持った兵士がドンバス大隊、最後が第79空挺旅団です。
義勇兵、陸軍に関わらず着用されています。


MTP上下を使用した装備例。
最新のアゾフ連隊のスタイルを組んでみました。AK74ではなく、TAR-21を選択。
ウクライナで使われているFort-221ライフルとは多少仕様が違いますが、ここは妥協せざるを得ない部分ですw
銃に関してはダメダメなので。
今回はヘルメットを合わせませんでしたが、もし使う場合は最新装備だとKaska-1mヘルメットがいいでしょうね。
キャップはマルチカムのものを使いましたが、ウクライナ製のMTPキャップの使用例が多いです。  
Posted by カエル at 22:59Comments(0)Ukraine