2013年09月07日

ウクライナ軍 イラク、アフガン派兵

もうすぐハートロックですね。自分は装備が無いので参加できませんが軍装好きとして毎年レポを読むのを楽しみにしてたり。
というわけで今回はウクライナ軍のイラク、アフガン派兵装備を考えてみたいと思います。


ウクライナ軍はイラク戦争に約1600人(2005年12月撤収)、現在ではアフガニスタンに少数派遣しています。イラクでは18人の戦死者を出しています。これはアメリカを除きイギリス、イタリア、ポーランドに続いて4番目と、決して少なくない人数です・・・

イラク

イラクにおけるウクライナ軍の一般的な装備です。
デザートブタンの迷彩服にKaska-1Mヘルメット、Corsair M3-4ボディアーマー、AKS-74です。3Cデザートのベストを着ている写真もよく見られます。AKS-74にGP-25が付いていますね。
ホルスターは旧ソ連時代から使っている革ホルスターではなく、デザートブタンのホルスターが見られます。
ゴーグルは米軍のM44ダストゴーグルのように見えますね。ウクライナ国内でも空挺で使用されています。
他にも旧ソ連時代のダストゴーグルも見られます。



こちらはウクライナ保安庁特殊部隊、アルファのイラク派遣部隊です。
マルチカムのBDUにSQUALL製のCorsaire Mボディアーマー及びMOLLEポーチをつけています。
一般部隊と比べてAKS-74が微妙にカスタムされていたり。
拳銃もマカロフではなくスチェッキンです。

アフガニスタン

アフガン派遣部隊も装備は基本的にはイラクと変わっていません。ただ、イラクと大きく異なる点として、ライフルがAKS-74からG36に変わりました。ウクライナでG36を使用している部隊はアフガン派遣部隊ぐらいです。他国と合同で動く際にAKS-74だと使用弾薬が違うのでその辺の問題かもしれませんね。アフガニスタンで使用されているG36ですが、G36というだけでG36KやG36、レイルが付いていたり2階建てスコープだったり結構バラバラです。また、拳銃もマカロフよりFort-12が多く見られるようになりました。
一番最後の写真の中央の兵士の右肩には見えにくいですがNATO-OTANのパッチが付いています。

ウクライナ軍イラク、アフガン派遣装備は自分も収集しようと思っています。ただデザートブタン装備はブタン装備に比べて流通量が少ないのでどうなるかはわかりません・・・
来年のハートロックにはウクライナ軍アフガン派遣装備で出たいなぁ・・・
フルサイズG36は持っているので銃にお金を使わなくて済むのは幸いです





同じカテゴリー(Ukraine)の記事画像
アゾフ連隊の個人装備④ 銃
アゾフ連隊の個人装備③ パッチ
アゾフ連隊の個人装備② ヘッドギア
アゾフ連隊の個人装備① 迷彩服、アーマー
ウクライナ 外国人義勇部隊
現用アゾフの個人装備考察
同じカテゴリー(Ukraine)の記事
 ウクライナ軍PV (2016-10-13 21:21)
 アゾフ連隊の個人装備④ 銃 (2016-05-31 14:41)
 アゾフ連隊の個人装備③ パッチ (2016-05-29 12:34)
 アゾフ連隊の個人装備② ヘッドギア (2016-05-24 14:55)
 アゾフ連隊の個人装備① 迷彩服、アーマー (2016-05-24 00:03)
 ウクライナ 外国人義勇部隊 (2016-02-06 15:50)
Posted by くまのり at 22:27│Comments(0)Ukraine
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。