スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年11月29日

Georgian army MARPAT uniform / グルジア軍MARPAT野戦服

グルジア軍が2010年頃まで使用していた、MARPATパターンの野戦服を入手しました。


米国海兵隊のMARPATと比べて、ドットが大きい感じがします。
断裁は米国陸軍のACUと同型。今回入手したモデルはグルジアMARPAT野戦服の中でも南オセチア戦争後の2009~10年頃に登場した最後期モデルで、袖ポケットに大型ベルクロベースが配置されています。
それ以前の野戦服は断裁こそACUと同型ですが、袖にベルクロベースが配置されていない、もしくは部隊章と同じ大きさの小さなベルクロベースが配置されていました。
グルジア軍は2010年に迷彩パターンをMARPATからマルチカムに移行したため、この最後期モデルは使用例がかなり限定されるモデルとなっています。


最後期モデルの使用例、2枚目の写真は内務省です。
内務省では軍がマルチカムを採用した後もしばらくMARPATを使用していたため、このモデルの使用例もそれなりにあるようです。


ということでこのままだと軍装的にはかなり使いにくいので、一般的に使われている大型ベルクロベース無しモデルに改造しました。
改造といってもベルクロベースを取り外し、襟章を縫付けただけですが。


とりあえずこれで2008年頃のグルジア軍の装備品は小物を除いて揃いました。後はキャンティーンやバックパックが欲しいところです。
南オセチア戦争後、2009年頃のグルジア軍をやるには、M4A1が必要なので当分ダメかな...






  
Posted by くまのり at 21:37Comments(0)Georgia

2016年11月15日

Ukraine / Soviet union 6B3 body armor

久しぶりのソ連製品です


ソ連時代から使われている、6B3ボディアーマーを入手しました。
ウクライナ独立以降2014年頃まで、後方部隊を中心に大々的に使用されていたアーマーとなります。
流石に最近ではコルセアM3Cの配備が進んできているので、後方部隊でもあまり見ることはなくなりました。

ATOでも初期にはアーマーが不足していたということもあり使用されていました。

アフガン紛争期に採用された6B3と最近の米国の迷彩であるUCPやマルチカムとの組み合わせは、かなり不思議な感じですね。

ウクライナ軍における6B3の使用例として最も有名(?)なのは、やはりロシアのクリミア併合時の海軍歩兵ではないでしょうか?


この門の前で警戒するウクライナ兵の写真は、当時ニュースなどでかなり使用されました。
彼らはクリミア半島に駐屯していたウクライナ海軍の沿岸警備部隊です。
6B3と鉄ヘルメットを被ったウクライナ兵と最新の装備で固めたロシア兵の装備の対比が印象的でした。


彼らの装備を再現してみました。
ブタン外套に6B3、Ssh-40の組み合わせです。全員ではありませんが、Ssh-40にイギリスのMk6用DPMヘルメットカバーを被せている例がちらほらあったので、再現してみました。
左袖にはウクライナ海軍クリミア沿岸警備隊のパッチが付きます。

まぁ今回はこの門の兵士を目指しただけで、クリミアのウクライナ兵が全員この装備をしているわけではありません。
むしろボディアーマーを着ている例の方が少ない気がするので、外套にポーチだけでもいいと思います。


  
Posted by くまのり at 23:46Comments(1)Ukraine