2015年07月31日

ラピッドトライデント2015合同演習の装備

7月20日から31日にかけて、ウクライナで多国籍合同軍事演習、「Rapid Trident 2015」が行われました。


これはウクライナと米国が主導で毎年ウクライナ西部、リヴィヴで行われている演習で、今年は欧州から18カ国、1800人の兵士が参加しました。
ウクライナからはHetman Petro Sahaidachny陸軍アカデミー、オデッサ陸軍士官学校の生徒、国家親衛隊士官候補生、海軍歩兵が参加。

外国から米国第173空挺の他、ベルギー、ブルガリア、カナダ、エストニア、グルジア、ドイツ、イギリス、ラトビア、リトアニア、モルドバ、ノルウェー、ポーランド、ルーマニア、スペイン、スウェーデン、トルコの兵士達が参加しています。




本日無事演習が終了し、写真も結構集まってきたので、同演習のウクライナ兵士の装備を見て行きたいと思います。



まずは陸軍士官学校の兵士から。
オデッサ、Hetman Petro Sahaidachny各学校の生徒の装備で違いはほとんどありません。
オデッサ士官学校の方はフルカラーのパッチを付けています。対するHetman Petro Sahaidachnyはサブデュードパッチ。
ウクライナ軍のデジタル迷彩服に、ARMPOLIS製のРЗ-6チェストリグ、РЗ-1チェストリグを着用しています。ボディアーマーは未着用。
ヘルメットはKaska-1mヘルメット、3枚目の写真ではSsh-68ヘルメットの被ってますね。ssh-68には迷彩カバーを取り付けていますが、kaska-1mにはカバーを付けないのが基本のようです。



続いて海軍歩兵。
最大の特徴としては、ЖАБА степная迷彩のヘルメットカバーを統一して使っていたことです。
被服はデジタル迷彩のものが一番多いですが、ЖАБА полевая等も使われていました。
ボディアーマーは官給品のKorsar M3-1-4、M3Cの他、P1G-tacのFOPCや、CONDORのMOPC等プレートキャリアも多く使われていました。


最後に国家親衛隊を。
国家親衛隊はウクライナブタンやDPM等、被服はあまり統一されていませんでした。
装備はSTSのAK-6チェストリグ、PASGTヘルメットを着用。
ボディアーマーは基本的に着ていませんでしたが、後期型IBAを着用している例もあります。


銃器については、今回歩兵用ライフルはAK74ではなく、AKMで統一されていました。
そのほかSVDやPKMの携行例もありますが、そちらは従来通りですね。


  
Posted by くまのり at 23:26Comments(3)Ukraine

2015年07月29日

ウクライナ版タクティカル AKS-74

最近ウクライナでの装備のタクティカル化が進んでいますが、同時に銃の方も空挺や特殊部隊、義勇兵を中心にカスタムモデルの使用例が増えてきました。
というわけで自分もカスタムAKを作ってみました。


LCT AKS-74をベースに、UTGのクアッドレイルシステム、asura dynamicsのAKS74用M4ストックアダプターを取り付けています。
光学機器はT-1ドットサイトのレプリカです。
スリングはウクライナ、SQUALL製の3点スリングを装着。


ドネツク空港攻防戦時の、ウクライナ空挺のカスタムAKを参考にしました。

Asuraのアダプターは少々ガタつきますが、気になるほどではありませんし、かなりサバゲでも使いやすくなりました。
ただ、まだまだノンカスタムのAKS-74はたくさん使っているので、AKS-74はもう一本買わないとなぁ...  
Posted by くまのり at 14:16Comments(0)Airsoft gun

2015年07月28日

7/26 No.9定例会

先週末の26日にお誘いいただきまして、猛暑のなかNo.9の定例会に行ってまいりました。

写真はすべてsatiusさん、seomさんに頂きました。

当日は最近義勇兵装備ばかりだったので、久しぶりに正規軍で。
私物、支援品マシマシのウクライナ空挺をイメージしました。

猛暑ということでゲームにはほとんど参加してませんでしたが、フィールド自体はブッシュが濃くて楽しいフィールドでした。
涼しくなってからまた行きたいですね。


ロシアおじさん達と。当日の装備はかなりタクテコーなスタイルなので、スタイリッシュなロシアンタクティカルおじさん達と一緒に写っても大丈夫なのだ!!(たぶん)
プレキャリでもかなり熱くてバテていたのに、ボディアーマー着て動き回っていたFSBの方々すごすぎでしょ...
ちなみにトップ写真ではヘルメットなんて被ってますが、ゲームでは常にブーニーハット被ってました。
僕が被るとバードウォッチングみたいになるのが玉にキズですが、かなり快適!!


そして当日は、AK以外にも、VSR-10を実戦投入してみました。
僕の持っている唯一のマルイ製長物でもありますw
軍装に合わないので全然使っていませんでしたが、最近のウクライナでは豊和m1500ライフル等、このようなボルトアクション狙撃銃も少数ながら見られるようになったので、今回持って行ってみました。
当日は銃が不調だった知人に貸していたので自分ではほとんど使うことは無かったですが、当人曰く20人程ヒット取れたみたいで大活躍してたみたいです。
VSRも今後はバシバシ使っていってあげたいですねぇ...

装備リスト
Kaska-1m helmet & MTP camo Mk6 helmet cover
MTP camo UBACS & pants
P1G-tac FOPC plate carrier
P1G-tac "FWS" Field Webbing System & pouches
SPLAV Knee Pad "X-FORM"
Ukraine VDV boots

~~おまけ~~

夏だ!カブトムシだ!デジフロキノコだ!!  
Posted by くまのり at 18:05Comments(2)Airsoft

2015年07月24日

P1G-tac FOPC プレートキャリア


ウクライナP1G-tac社製のプレートキャリア、Field Operator`s Plate Carrier (FOPC) を入手しました。
昨年4月以降、空挺部隊や海軍歩兵、特殊部隊等で着用が確認されているプレートキャリアです。
各色使用されているのですが、今回は一番露出の多いA-tacs FGパターンのものを入手しました。


使用例の一部、左がキエフ-2大隊、右が第79独立空中機動旅団です。


このプレートキャリア、どっかで見たことあるなーと思ったら、FlyyeのFAPCプレートキャリアに非常によく似ている気がします。
というわけで比べてみました。

かなり似ています。というか縫い目とタグ以外同じです。パクッ...
FlyyeのFAPCのA-tacs FGモデルはMOLLEがODらしいので、MOLLEまで迷彩生地を使っているP1Gとはぶっちゃけそこで区別するしかありません。単色だと、タグでしか区別出来ないですね...


ポーチを装着してみました。かなりゴツくなったゾ。
しかしウクライナではプレキャリにポーチを付けるよりは、ハーネスを併用してポーチ類は腰回りに集めることが多いので、軍装面ではそちらの方がいいです。





  
Posted by くまのり at 17:24Comments(0)Ukraine

2015年07月02日

6/28 ホワイトベース定例会

最近全然サバゲ記事を書いていなかったので、久しぶりにサバゲ記録を...

6/28にロシアクラスタの知人とホワイトベースの定例会に参加してきました。


ご一緒したsatiusさんはFSBアルファ装備、僕はウクライナ国家親衛隊風スタイルで参加しました。


当日の装備。アーマーを着るにはもう暑い季節なので、チェストリグ、ハーネスで軽装にしてみました。
こんなスタイリングの写真はありませんが、サバゲ向けのアレンジということで...(汗)
ハンドガンホルスターは蛇足だったかなぁと今見ると思います、私物マシマシの本職も、拳銃の携行例は殆ど無いので。

実際当日は後方で写真ばっか撮ってサボってるいつもと違って、最初からバリバリ前線で動いて狩っていたので、
それなりにサバゲ行ってるはずなのに久しぶりにちゃんとサバゲした気がします。
参加人数もそこまで多くなかったので、かなり楽しめましたw




めんどくさくて所要で記事を書けなかったサバゲ記事は今更書くのも何なので、当日のスタイリングだけ。

ATOウクライナ政府軍(参考部隊無し、JABA迷彩でバッチリ決めたかっただけですw)


ウクライナ海軍歩兵


東武ウクライナ、親ロシア派民兵


ウクライナ空挺  
Posted by くまのり at 22:45Comments(1)Airsoft