スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年04月29日

Ukrainian military kaska-1m helmet

ウクライナ軍が2014年に採用した、Kaska-1mヘルメットを入手しました。


以前はKaska-2mと呼ばれていたものですが、去年ウクライナ軍が正式採用後は、Kaska-1mという名称になったようです。
マイダン革命以後ウクライナ軍、国家親衛隊部隊に配備が開始されました。
また、同ヘルメットはマイダン革命以前から国境警備隊が先駆けて使用しています。
軍納入品にはデジタル迷彩のカバーが、国家親衛隊納入品では黒カバーが合わせて支給されているようです。


左:海軍歩兵 右:国家親衛隊


側面から、デザインは米軍のMICH/ACHタイプの影響を受けています。しかし、内装はクッションタイプではなく従来通りのハンモックタイプです。
しかし、クッションタイプのものも存在するようで、そちらはマイダン以前の生産なのではないかと思われます。
メーカーはウクライナの防弾装具を手がけるTEMP-3000。

防弾クラスはウクライナ規格の1-A、9mmパラ弾までの防御能力があります。


デジタル迷彩のカバーを被せてみました。実物のカバーは入手出来なかったため、民生品のカバーですが、見かけは違和感無いです。
今後ウクライナ軍のヘルメットはこのスタイルが主流になっていくのではと思います。


前回のサバゲで早速使用しました。現用ロシア軍と。

写真の通り現用ボディアーマーも入手済みなので、おいおい紹介したいと思います。
  
Posted by くまのり at 22:44Comments(0)Ukraine