スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年03月31日

Ukrainian military New digital camo uniform


ウクライナ軍の新型デジタル迷彩服を入手しました。
以前紹介したレプリカではなく、こちらは官給品となります。


生産しているのはウクライナの野戦服を製造するолтекс社、もちろん軍納入品であるOTKスタンプもついています。


レプリカには付いていなかった肩のフラッグパッチ。従来のブタン迷彩に縫い付ける官給フラッグパッチより、色が濃いです。


袖のポケットの中には従来のものとは違い仕切りがあり、小物を入れられる部分が2ヶ所に増えていました。


ジャケットはボタン、チャック、ベルクロで止められるようになっています。また、チャックはポケットの辺りでまでで終わっており、襟を折って下のシャツを見せる着方をしても見えないように工夫されています。


ズボンは従来のボタン式から、チャック式に変更になりました。また、ウエストはベルクロで少ししぼれるようになっています。


裾は、内側の布をブーツにインし、外側は外に出せるようになっています。
内側の布に紐が付いており、足に撒いて裾が捲れないようになっています。外に出す方は軽く絞ることができます。このような裾のデザインは僕の持っている戦闘服だと、ロシア軍の山岳フローラが同じデザインでした。
しかし、着用している写真を見ると、ほとんどが外側のブーツインすることを想定していない部分までブーツに入れています。


とても簡単な紹介でしたが、ウクライナ軍の新型迷彩の官給品でした。
ウクライナ軍でデジタル迷彩が採用されましたので、ロシア、ベラルーシ、ウクライナのスラブ三兄弟は全員デジタル化されましたねw

またこんな写真が撮られるといいのですが...  
Posted by くまのり at 18:22Comments(0)Ukraine