2016年11月29日

Georgian army MARPAT uniform / グルジア軍MARPAT野戦服

グルジア軍が2010年頃まで使用していた、MARPATパターンの野戦服を入手しました。


米国海兵隊のMARPATと比べて、ドットが大きい感じがします。
断裁は米国陸軍のACUと同型。今回入手したモデルはグルジアMARPAT野戦服の中でも南オセチア戦争後の2009~10年頃に登場した最後期モデルで、袖ポケットに大型ベルクロベースが配置されています。
それ以前の野戦服は断裁こそACUと同型ですが、袖にベルクロベースが配置されていない、もしくは部隊章と同じ大きさの小さなベルクロベースが配置されていました。
グルジア軍は2010年に迷彩パターンをMARPATからマルチカムに移行したため、この最後期モデルは使用例がかなり限定されるモデルとなっています。


最後期モデルの使用例、2枚目の写真は内務省です。
内務省では軍がマルチカムを採用した後もしばらくMARPATを使用していたため、このモデルの使用例もそれなりにあるようです。


ということでこのままだと軍装的にはかなり使いにくいので、一般的に使われている大型ベルクロベース無しモデルに改造しました。
改造といってもベルクロベースを取り外し、襟章を縫付けただけですが。


とりあえずこれで2008年頃のグルジア軍の装備品は小物を除いて揃いました。後はキャンティーンやバックパックが欲しいところです。
南オセチア戦争後、2009年頃のグルジア軍をやるには、M4A1が必要なので当分ダメかな...






  
Posted by くまのり at 21:37Comments(0)Georgia

2016年10月09日

Georgian army MARPAT interceptor body armor




2007=2010年頃のグルジア軍が使用していた、MARPAT迷彩のインターセプターボディアーマーを入手しました。
南オセチア紛争でグルジア軍が大々的に使用していたボディアーマーということで、グルジア軍装備の中では最もポピュラーなアーマーではないでしょうか

生産は中国、南京カマン技術工業株式会社、グルジアのB&H SSBI社と提携し納入していたようです。現在では国産に切り替えていますが、この頃のグルジア軍の装備は中国製でした。
デザインとしては前期型のインターセプターボディアーマーと同じです。MARPATのインターセプターは、本家point blank製インターセプターでは無かった気がしますね。


タグです。
今回入手したものは2007年8月製、サイズはMでした。

残念ながらハードプレートは付属しませんでしたが、恐らくSAPIと同型だと思います。

ようやくグルジア軍も迷彩服、アーマー、ベストと細かいものを除いて一式揃ったので、サバゲで使っていきたいですね。
え?M4?いやオセチアではAK使ってたから...




  
Posted by くまのり at 14:26Comments(0)Georgia

2016年07月16日

Georgian army multicam vest

グルジア軍のマルチカム迷彩ベストを入手しました。


このベストはグルジア軍がMARPATからマルチカムに以降したのと同時期に採用されたと思われ、2010年頃の歩兵部隊で代々的に使われています。
現在では一線部隊では新アーマーやプレートキャリアが採用されたためほぼ使用されてはいませんが、式典や2線級部隊で使用されています。
今回入手したものは比較的使用例をよくみかけるタイプとは異なり、左肩部分に無線機ポーチが無いモデルとなります。


<無線機ポーチ付きモデル>

この微妙な仕様違いについて、製造年代によるものなのかモデル違いなのかはわかりませんが、どちらも納入され配備はされているようです。

<使用例>




  
Posted by くまのり at 23:07Comments(0)Georgia

2016年06月27日

Georgian army multicam uniform

グルジア軍のマルチカム野戦服を入手しました。


グルジア軍では2009年頃に迷彩服が従来のMARPATからマルチカムに更新されており、現在ではほぼマルチカムに統一されています。
生産メーカーはグルジアのメーカーDEMETRE96で、もちろんグルジア製。
以前のMARPAT迷彩服や、イラク派遣で使用していた3C迷彩服等は海外製だったようですが、マルチカムは国内生産されているようです。
断裁は複数存在するようですが、今回入手したものは米国のACU断裁と同型となっていますが、階級章を取り付けるベルクロがかなり下に付いているのが特徴的です。
タグには米国式とロシア式のサイズが併記されているほか、製造メーカー名とMinistry of Defence(国防省)と記載されています。

パッと見米軍のものと見分けられる人はほぼいないと思いますが、現用グルジア軍をやるには抑えておきたいアイテムですね。

使用例





  
Posted by くまのり at 23:01Comments(0)Georgia

2016年04月25日

Georgian army MARPAT camo vest

連続でグルジア関連の記事を。


グルジア軍で使用されていたMARPAT迷彩のベストを入手しました。
タグ等はありませんので、正式な名称等は不明です。

グルジア軍は現在マルチカムを採用していますが、それ以前、MARPATを使用していた時代に大々的に使われていたベストとなります。2010年頃までは、このベストが主力だったようです。
デザインはアメリカのTAC-V1ベストをリスペクトしたデザインとなっています。サバゲ用ベストとしても人気のデザインですね。
グルジア軍のベストは背面のMOLLEが特徴的ですね。

それでは使用例の写真を




前回のヘルメットの記事と被ってる写真もありますがご容赦を...
下の2枚は南オセチア紛争時の写真です。当時の基本装備ですので、写っている写真はたくさんあります。

また、このベスト、グルジア国内で普通に購入出来るようで、私物としてウクライナ側グルジア人義勇兵が持ち込んで使用している例があります。


グルジアでの軍役時代にはこのベストを使っていた人が多いでしょうし、使い慣れた装備を持ち込んだのかもしれません。  
Posted by くまのり at 21:14Comments(0)Georgia

2016年04月25日

Georgian army PASGT helmet





グルジア軍のPASGTヘルメットを入手しました。
通常の米国VerのPASGTヘルメットと平行して、MARPAT期から現在に至るまで使用されているヘルメットです。
とはいえグルジア軍では多種多様なPASGTタイプヘルメットが使用されているようです。
今回入手したものにはMARPATのヘルメットカバーが付属していました。

タグや刻印等はシールが剥がされた跡がある以外一切記載がありませんでした。聞いた話だと、グルジア軍の装備品にはタグ等が付いていないことが多いみたいですね。




使用例です。一枚目は陸軍第4旅団、恐らく2008年頃の写真だと思います。2枚目はISAFアフガニスタン派遣ですね。3枚目は2011年、国内での演習の写真だと思いますが、詳細は失念しました...

グルジア軍と聞くと誰もが思い浮かべるのが2008年の南オセチア紛争だと思いますので、南オセチア紛争での使用例を。

南オセチア紛争中、攻撃の拠点となったゴリを当時の国防相Davit Kezerasjviliが視察したときの写真とのこと。


こちらはグルジア軍ではなくロシア軍、鹵獲したと思われる同ヘルメットを被っています。許すまじ



米軍のPASGTヘルメットと比べてみます。並べるとシェルの形が全然違いますね。


インナーです。グルジアンPASGTは、米軍PASGTというよりは英国のRBR F6ヘルメットのようなインナーをしています。
被り心地は非常にいいです。サイズ調整は57~くらいからでしょうか、サイズ56.5~57cmくらいの僕の頭だと、一番小さくしてちょうどいいくらいです。
黒塗りの部分には名前のようなものが書かれていたので、念のため塗りつぶしました。グルジア語なのでわからないとは思いますが...  
Posted by くまのり at 14:49Comments(0)Georgia