スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年02月26日

SSO/SPOSN Spectre-SKWO camo uniform




今回はウクライナ軍ではなく、ウクライナ東部にてウクライナと戦火を交えるノヴォロシア軍(親ロシア派義勇兵/独立派テロリスト)の装備を紹介します。
ロシアのタクティカルギアメーカー、SSO/SPOSNが製造するSpectre-SKWO迷彩の野戦服です。
この迷彩服は内戦の始まりとも言えるドネツク州スラビャンスク市の市庁舎を4月に親露派部隊が制圧した際、親露派が統一して着ていた迷彩服となります。
このスラビャンスク市制圧部隊のみが着用していたと言ってもいい迷彩服のため、軍事規模が拡大、さらに8月の消耗戦で初期の人員を失った現在のノヴォロシア軍では少数派の迷彩、内戦初期から戦闘に参加している精鋭のみが着ている迷彩服と言ってもいいかもしれません。


最近の野戦服によくある、袖にパッチを取り付けるためのベルクロが縫い付けられています。
付いているこのパッチはノヴォロシア軍の国旗章となります。


肘にはゲオルギーリボンをV字に縫い付けました。ゲオルギーリボンは親露派の象徴とも言えるもので、義勇兵はよくこのリボンを装備に結んだり、このように縫い付けたりしています。


この野戦服には大きめの脱着式フードが付いているのですが、このフードを取り外してヘルメットにかぶせることで、ヘルメットカバーのように使うことが出来ます。
メーカーがこの使用方法を想定してデザインしたのかはわかりませんが、義勇兵にはこのようにカバーとして使っている人も少数ながら散見されます。(写真は6B28ヘルメットにかぶせています。実際の使用例は6B7-1mにかぶせることが多いです。)

以下着用例

  
Posted by くまのり at 00:39Comments(2)Novorossiya